FC2ブログ
08 | 09  (2018) | 10
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

KIBA

Author:KIBA
KIBAの日記

過去の日記に関しては移行してきたものなので、日付が正確じゃないものもあります

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Category: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 未分類
ちょうどあと1ヶ月です。 ともかく、出し惜しみはしません!
2017年7月15日(土)渋谷TSUTAYA O-EAST
ガーゴイル30周年記念ライヴ「太陽光線~SUNRAY~」

1987年7月15日の初ライヴ以来、活動停止などをすることもなく、ずっとやり続けてちょうど30年。まさに記念すべき日のライヴ!

ちょうどあと1ヶ月です。
ともかく、出し惜しみはしません!


…ただ、実は始めた頃から一度も「長く続けよう」なんて、思ったこともなくて。
そもそも始めた時は「1年経ってどうにもならなきゃやめよう」って、みんなで言ってたから。
その時々でやりたいことをやってきただけ。
1.369本目になるこのライヴも、いつも通りやりたいようにやるつもりです……

…うーん、何かさ「俺たちはやりたいことやってるだけだぜ!」みたいで、「子供か?」って感じかも。
でもさ、本当にそう思ってやってるから、仕方ないわ。

なので、その日のライヴの内容はもちろん、それ以外もやりたいようします。
・1枚で2名入場可能なペアチケット
・豪華メンバーがガーゴイルの曲をカバーするオープニングセッションバンド
・かつて在籍した屍忌蛇くんのゲスト出演
……などなど。

ガーゴイルは、派手な格好やメイクをしてる、激しすぎるヘヴィメタルでしょ。
まぁ流行とかとは何も関係ない、そういうのとは遥かに遠いところでずっとやってきて。
なのに、30年間ずっとライヴして、ツアーしてて、観に来てくれる方がいつもたくさんいたってことは???

もしかして実はすごいバンドなんじゃないかな?
あんまり本人は感じて無いけど……どうなんだろ?

こういうバンドで、こういうスタイルで、休みもせずに、ずっとやってる方がほとんどいないことは、知ってます。
音楽や見た感じや活動自体が段々落ち着いていったり、止まって休んでみてからやったり…
…それぞれ理由はあるでしょうが、要するに「大人になってく」って感じで。
ここでも、そのまんまやってるガーゴイルは「子供か?」って。

すごいバンドなのかどうかの正解は、、、観れば解るよ、きっと。
僕がガーゴイルがすごいどうかが解らないのは、観たことがないからだと思うんで。

ただね、僕が観たいバンドは、やりたいことを好きなようにやってるバンドなのは間違いないの。
だから、これからもガーゴイルはやりたいようにやっていきたいんだよね。
自分が観たいバンドではいたいし。


…ちょうど1ヵ月後の「太陽光線」は、すごいバンドがライヴしてるかもしれませんよ。
待ってます。
ともかく、出し惜しみはしません!

スポンサーサイト
Category: 未分類
サブリくん、ありがとうございました
この度、恐らく色んな事情があって、SABこと、佐分利淳さんの追悼ライヴの出演が、急遽無くなりました。
僕も詳しいことは解らないのですが、ご迷惑をおかけした皆さま、本当に申し訳ありません。

解らないことについて僕が話しても仕方がないので、佐分利くんのお話を少しします。

僕がサブリくん(こっちの表記がしっくりきます)と出会ったのは、1986年頃だと思います。
アルバイト先で会ったんですよね。
僕が知り合いに紹介してもらって入ったアルバイト先に、当時のアイオンのメンバーのうちDEANさん以外がいて。

『そんな偶然あるの?』と思うかもしれませんけど、当時は全然不思議なことじゃありませんでした。
なぜなら、みんな髪が長かったし、染めたりしてたから。
髪が長い、しかも染めてるなんてなったら、その頃はほとんどアルバイト出来るところなんてなくて。
だから、一人そういう髪の人がアルバイトに入れると、知り合いに言ったりするうちに広がっていき、池の鯉に餌を撒いた時のように、うじゃうじゃ髪が長かったり染めた人が集まってきたもんです。

で、当時のアイオンメンバーの方達が免許を持ってなかったのもあって、少しして僕はアイオンのローディをやらせてもらうようになりました。
期間的には…ハッキリ覚えてないんだけど、たぶん半年~1年くらいですかねぇ。
Gargoyleを始めるまでやらせてもらいました。

その間が、僕がサブリくんと話したり、接していた主な期間になります。

もちろん、もっと長い期間や、濃い時間、深い間柄で過ごされた方がたくさんいると思います。
ただ、そんな少ない期間でも、僕にとってはとても印象的で、その後の僕やGargoyleの方向を大きく変えた出来事が、サブリくんとの間でありました。

おそらく、1987年の暮れ、当時のボーカルのSATORUこと、サッさんが抜ける頃だったと思います。

それまで、心斎橋にあったライヴハウス"BAHAMA"を中心に、アイオンの方達は活動をされていました。
そして、アイオンのみなさんはとても後輩や慕う人達の面倒見が良かったので、周りにいた後輩や慕うバンドも、皆そのBAHAMAを中心に活動していたんです。
僕達Gargoyleも、アイオンのIZUMIさんに紹介して頂き、BAHAMAで初めてのライヴをやらせてもらったくらいです。
ちょうど30年前、1987年の7月15日ですね。

『中心に活動』っていうのは、もちろんそれぞれのバンドは他の様々なライヴハウスでもライヴはするんですが、ホームグラウンド的なライヴハウスってことです。
当時は、このライヴハウスとの"ホームグラウンド"的なつながりが、今とは比べ物にならないくらい強い時代だったんですよね。
それだけライヴハウス側も、バンドに密接に、真摯に、向き合ってたと思います。


ところが、アイオンの方達は恐らく何らかの事情で、そのホームグラウンド的なライヴハウスを他に変えるってことになったんです。
それが1987年の暮れ頃。

詳しいことは解りませんが、アイオンの方達の中でBAHAMAではダメだということになったと聞いています。
色々と不満もあったように聞きました。

当時、ホームグラウンドのライヴハウスを移すことは、そこそこめずらしいことでした。
特にアイオンの場合は、当時のBAHAMAではもちろん、関西を見渡しても有数の勢いのあるバンドでしたし、そんな大きなバンドが~という感じでした。

そこで、アイオンにお世話になってた周りのバンドも、皆こぞってアイオンと一緒にホームグラウンドを移ることになったんですよね。

けど、僕達Gargoyleは、まだバンドを始めて半年にも満たなかったけど、BAHAMAの方達にも色々とお世話になってたし、BAHAMAの人達も雰囲気も好きだったので、正直に言うとBAHAMAでやっていたかったんです。

でも、お世話になってたアイオンの人達や、周りの友達のバンドも、皆移るので、どうしたものかって感じでした。


そんな悩んでた時にサブリくんに言われたんですよね。

『GargoyleはBAHAMAでこのままやった方が良い』

『いまBAHAMAと良い関係が出来かけているから、それを大切にした方が良い』

って。

それは、もう、とても気が楽になる言葉でした。

たくさんの友達もホームグラウンドを移したけど、その"中心"は、もちろんアイオンです。
なのに、その中心の内側にいる人が『残るべき』って言ってくれたんです。

しかも、アイオンは不満を持ってただろうBAHAMAに。


で、当時僕ら自身もBAHAMAに残ろうとは思ってたけど、アイオンのメンバーであるサブリくんもそう言ってくれたっていうのは、自分の中では免罪符になっていて、救いだったんですよね。
それまで友達だと思ってた人なんかにつれなくされたりもあったけど(係長以外!←これが誰かは長くなるから省くけど谷町七丁目の焼き鳥屋『煽』のオヤジ)、間違って無いと思えました。

結局、それから僕達GargoyleはBAHAMAと共にインディーズ三部作と言われるCDを作ったり、様々な活動をしていきます。
いまもGargoyleを続けていられる理由の恐らく1番は、当時そのBAHAMAにとてもお世話になったからです。

それも、あのサブリくんの言葉が無ければ、どうなっていたか解りません。
それだけ当時僕らの周りでアイオンは、影響力も持ってるバンドでした。


サブリくん、偶然ですが僕は同い年でした。
それもあってか、ローディとメンバーなのに、当時もとても気安く接して下さいました。

僕は何となくドラムの担当っぽいローディだったから(何も解ってませんでしたが)、まだバンドをやったことのなかった僕にあれこれバンドの話を教えてくれました。
バンド以外の話も、色々楽しかったです。


何年か前に具合いが悪いと聞いて、共通の知合いを通してお見舞いに伺いたいと伝えましたが、その際は人と会うのはしんどいと聞き、諦めました。

87年のクリスマスに、一緒にBAHAMAでセッションしたのも、楽しかったね。
確か、ギターはDEAD END~The WILLARDのルーシーさんで、ベースはHEATHだったなぁ。
あの時がサブリくんのドラムで歌った最初で最後になっちゃった。
グイグイ引っ張っていくドラムで、置いていかれないようにドキドキしながら歌った覚えがあります。
また、ああいうのもやりたかったね。


遅くなりましたが、安らかにお休み下さい。
合掌。

Category: 未分類
年賀状
毎年、淡路島観光旅館うめ丸さんの年賀状の干支を描かせてもらってて。
子年から描きだしたので、もう9年です。

で、その描いたイラストはだいたいGargoyleオフィシャルHPにある会員専用サイトに載せてたんだけど。
その会員専用の僕のところが、うまく写真が載せれなくなっちゃったんだよね。
「見たい」って話も頂いたんで、取り敢えずここに載せておきます。

元のイラストと出来上がった年賀状は、こんな感じです。


 » Continue 

Category: 未分類
夷狄リハ
夜中、夷狄リハ。

レコーディングはもう始まってはいるんだけど、それに入れる新曲のアレンジとか。
割りとサクサク進んでいって。
ま、みんな色んな経験があるメンバーが集まってるんで、アイディアも豊富だしね。
それぞれの活動してきたことがかなり違うから、各自持ってる意見の幅も広いし。

今回用に書いた新曲もこれまでの夷狄には無かった感じで、おもしろいんじゃないかな。
たぶん、歌詩も夷狄っぽい感じでもないし。
この歌詩の内容が浮かんだときに、Gargoyleで使うか夷狄にするか悩んだから。
夷狄でつかうことにしたんで、それっぽくは書いたけど。

どんなCDになるのか、僕自身も楽しみだな~。
早く完成させたいっす。

Category: 未分類
惜しかったな
今日もスロット。

北斗強敵とか。
ちょっとだけ沈んで、適当な時間にやめ。
北斗乱舞とか、そこそこ良い展開はあったんだけどね。
ま、無理ないところでやめるのも大事かな~で。

来月はあんまり打てないだろうし、今月中は打てるときは打っときたいんで、無理せんように~です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。